ベルビンのチームロールモデル

メレディス・ベルビン(Meredith Belbin)は、チームが成功するには下記9つの役割を担う人が必要だという理論を提唱してくれています。

実際にこの理論を知った時の衝撃は計り知れなかったです。特に職場で「私はこんなにも勝手に役割を背負っていこうとしているから苦しかったんだ」と。それからは、極力適材適所を考えて、仕事の役割を分散していこうと思えるようになりました。悔しいくらい、自分が一人でやろうとしたときよりも、組織が上手く活き始め、この理論をしっかり活用すると、適材適所もそうですし、メリットを存分に生かしやすい役割を任せていけるだろうと思いました。

おかげ様で、リーダーの研修では良くこの理論を使うようになりました。

具体的に、どんな役割があるのでしょうか。

1.計略家(PLANT (PL))
創造力があり困難な問題を解決できる人

2.資源探索者(RESOURCE INVESTIGATOR (RI))
外交的で熱中しやすく、市場機会などのリソースを特定し好機を探る人

3.調整者・コーディネーター(CORDINATOR (CD))
優れた議事進行者で、明確な目標を示し意思決定を促す。チームの目的に焦点を合わせ、適材適所を任せる人

4.進路作成者・形づくる人(SHAPER (SH))
チームが進むべき道を作る事ができる人。挑戦的で、精力的に障害に立ち向かっていける人。課題や目標に向けたフレームワークを作る事で、議論や行動を誘発し、結果を促す力がある人

5.協同作業者(TEAM WORKER (TW)
感情的、作業的支援をし、チームメンバーの協業を手助けできる人。協調性があり、もめごとを避けるタイプだが、人の話をよく聞き築き上げる人

6.実行者(IMPLEMENTER (IM)
アイデアがあり、プロジェクトの計画、仕事の委任、明確な目的と目標をスケジュール感を持って、アイデアを実行に移せる人。有能で頼りがいがあり、アイデアを実行に移せる人

7.完成請負人・完璧完遂者(COMPLETER FINISHER (CF)
完結まで最高の品質管理を行うために最新の注意を払い、完成まで粘り強く完結させることができる人。勤勉で誠実な仕事を納期通りに行う人。自分や他者の誤りや手抜きにも厳密な人

8.専門家(SPECIALIST (SP))
特定分野の知識やノウハウをもつエキスパート。限られた専門分野での貢献を望む人

9.警告者(MONITOR Evaluator)
論理的な思考を提供し、必要に応じて公正な判断を下し、感情に流されずチームの意見を判断できる人。また現実的な実行チェックも必要に応じてし意見することができる人。優れた戦略的判断力を持つ人

各メンバーがお互いの役割や、仕事の任せ方とタイミング、不足点を補い合うことで、チームがより良く機能します。

役職は私自身も決められなかったけれど、役割は分担することもできます。そのことを再度認識させてくれた私の大切にしているチームを見る視点にもなっています。

まだメモ帳に残っていない事に気づき、慌てて記載。

コメント

タイトルとURLをコピーしました