他の人を喜ばせる力

他喜力(タキリョク)は、自分を目的にしている場合よりも、燃え尽きず、長期的にエネルギーを持続させられると学びました。

その時には、誰を喜ばせたいか。
できれば、大勢いらしても、一人に絞った方がよりイメージしやすいために、エネルギーを集中できるのだそうです。しかも、生きている方でなくてもよく、その人を本当に喜ばせることではなく、喜ばせ続けるために動くことが、燃え尽き症候群の歯止めになると・・・・。

私にとっては、父です。ビジネスでは元の会社の社長です。
どうしても二人浮かんでしまいますが、私が一番影響され続けているのは、父なのでしょう。

父が喜んでくれる事を生きている間もずっとしてきたけれど、更に父が喜ぶこと「人を元気にしている私を感じること」を続けていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました