人と関わるからこそ自分と向き合う

人と関わるからこそ、自分と向き合う事って大切だなと感じさせていただきました。

自分が思っている以上に、関わる人の影響力は大きい。
その事に気づいて関わる事と、関わらないことの違いは大きい。

例えば、何か目標がある時に、「どこをめざしているのか」「何のためにそうしたいのか」「何を身につけたらよいか」など、一通りの事は、筋道があれば聞くことはできる。

けれども、その途中で、違和感を覚えたとしたら、それは自分の問題なのか、お互いの問題なのか、相手の問題なのか。
わからないけれど、「そこでこう考える意味がわからない」と思えば、「どう考えてその答えに行き着いたのか」を聞かないと、解らない。

その時に、自分と向き合う事をしていないと無意識に相手を攻めたり、誘導したりするのかもしれません。
相手の問題だと思えばなおさら責めるでしょうし、「何を変えますか」と聞いてしまうかもしれません。

でも、自分と向き合おうとする人は、その違いを聞こうとできるのではないでしょうか。
それをメンターとのコーチングで知ることができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました