本を読んでいたら、ビックリ!
たまたま、勢いに任せるよりも、続けられるのって、計画的にやった時だなあと思っていたら、本にこんな事が・・・。

「よし!◯◯やるぞ!」と勢いがついても、その場を離れると日々に翻弄されて、結局やれないことがある。
けれども、「いつやるか」「どこでやるか」を決めてから始めると、既に自分の中では、やることが前提になっているし、その時間や場所を意識できるために、実行することができる。

やっぱり!と思っていると、根拠も示されていました。

研修レポートを金曜日までに提出して下さい。という指示を100名に出した。
いつやるのか、どこでやるのかを決めてからとりかかってもらう人達が半分。あとの半分は最初の指示のみ。
結果は、指示のみだと32%。いつ、どこでやるかを決めた人達は71%が機嫌に提出できたそうです。

他の100パターンでも試してみたけれど、同じように「行動する場面を計画した」人達が、常に2倍以上の実行率だったそうです。

自分で自分のコントロールをする時も、そして人に指示を出す時にも、「行動を計画する」という事がいかに大切なのかを考えさせられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です