ヒットするには理由がある

歌手の西野カナさんの歌詞作りには、ヒットする理由があったんだと、TVで拝見して感動してしまいました。

「歌が上手い」というのは、多く言われますが、「共感する歌詞」には理由があったんですね。

実は、曲のイメージから、コンセプトを決め、コンセプトに則した歌詞の概要を、企画書として、スタッフと共有するのだとか。
しかも、その企画には、年齢がどの位の人で、どんな環境で育った人で、で、どんな事が起こったなど、人物像作りから始めるそうです。

なぜなら、人物の背景によって、発する言葉や、考え方などにも違いがあるから、人物像の設定から入るのだとか。

そして、人物像が特定できた所で、歌詞を作り、時に似たような体験をした人に、インタビューしたりして創りあげ、その歌詞を見てもらって、反応を伺うのだとか。

これって、マーケティングをしっかりして、創り上げるCM作りの様子に似ていると思いました。
ここまでしていたら、共感得られるのは当然で、ヒットするには、必ずわけがあるんだなあと感じることができました。

たまたま娘が大好きな歌手なので、トーク番組?に出演したのを録画していたのですが、私まで好きになってしまいました。

さて、このことを知ったなら、私も「真似ぶ(学ぶ)事は何かないのだろうか。」
私の「真似ビ」はこれからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました