9月 18

子供達の反応からの学びメモ

昨日(2010年9月18日)の小学校5年生6年生への授業の反応で分かったことをメモしておきます。

・夢のある子は多い。けれども言うことが恥ずかしい。
・目を合わせて話すって「怖い」と思っている子が居る。
・「ありがとう」って言われなくても、自分が満足できればいいという子も半数ほど居る。
・嬉しい・楽しいという感情の話をすると、「別に」という生徒が1割程度居る。
・いじわるするような子とは、ちょっかいを出す元気な子だと思っている子達にとって、いじめっ子は必要な存在だと思っている。
・親に感謝できるなんて子はまだこの頃には1割程度。
 この頃は自分も親に感謝するってなかったものなと思いましたが、1割もの子が親に感謝しているということが、逆に素晴らしいと感じました。

たかが170名弱のインタビューかもしれませんが、発見でした。