5月 16

師匠との縁

朝倉千恵子先生のメルマガより、記録のために記載

「先生、いずこにおられますでしょうか」

坂田道信(ハガキ道伝道者)

月刊誌『致知』特集「楽天知命」より

——————————————

徳永先生は熊本県の歴史始まって以来、
三十代の若さで小学校の

校長になられた方でしたが、

「教員の仕事は教壇に立って教えることだ」
と五年で校長を降り、

自ら志願して一教員に戻った人でした。

だからどの学校に行っても
校長に煙たがられたと思われますね。

それで二年ごとに学校を出されてしまうんだけど、
行く先々で教師たちが一番敬遠している
難しいクラスを受け持って、
みんなを勉強好きに変えてしまうんです。

授業の前に児童たちが職員室へ迎えに来て、
騎馬戦みたいに先生を担いで、

「ワッショイ、ワッショイ」
と教室に連れて行ったというんです。

先生、早く教えてくれって。

先生は昼飯を食べない人でした。

なぜ食べないかというと、終戦直後、
昼の時間になると弁当を持ってこられない子どもたちが
さーっと教室からいなくなる。

それでひょっと校庭を見たら、
その子たちが遊んでいたんです。

その時から自分もピタッと昼飯を食べるのを止めて、
その子たちと楽しい遊びをして過ごすようになりました。

以来、昼飯はずっと食べない人生を送るんですよ、

晩年になっても。

これは戦前の話ですが、
「明日は工作で切り出しナイフを
使うから持っておいで」

と言って児童たちを帰したら、

次の日の朝、

「先生、昨日買ったばかりのナイフがなくなりました」
という子が現われました。

先生はどの子が盗ったか分かるんですね。

それで全員外に出して遊ばせているうちに、
盗ったと思われる子どもの机を見たら、
やっぱり持ち主の名前を削り取って布に包んで入っていた。

先生はすぐに学校の裏の文房具屋に走って、
同じナイフを買い、
盗られた子の机の中に入れておきました。

子どもたちが教室に帰ってきた時、
「おい、もう一度ナイフをよく探してごらん」と言うと、

「先生、ありました」と。そして

「むやみに人を疑うものじゃないぞ」
と言うんです。

その子は黙って涙を流して先生を見ていたといいます。

それから時代が流れ、戦時中です。

特攻隊が出陣する時、みんなお父さん、お母さんに書くのに、

たった一通、徳永先生宛の遺書があった。

もちろんナイフを盗った子です。

「先生、ありがとうございました。
あのナイフ事件以来、
徳永先生のような人生を送りたいと思うようになりました。

明日はお国のために飛び立ってきます……」

という書き出しで始まる遺書を残すんです。

それから、こんな話もあります。

先生が熊本の山間の過疎地の教員をやられていた頃、
両親が分からない子がおったんです。

暴れ者でね、
とうとう大変な悪さをやらかした時、

徳永先生は宿直の夜、
「君の精神を叩き直してやる」
と言って、その子をぎゅっと抱いて寝てやるんですよ。

後に彼は会社経営で成功して、
身寄りのない者を引き取って
立派に成長させては世の中に出していました。

「自分のいまがあるのは、小学校四年生の時に
徳永康起先生に抱いて寝ていただいたのが始まりです。

先生、いずこにおられますでしょうか」

という新聞広告を出して、
四十年ぶりに再会した、なんていう物語もありました。

この前も私どもの主催した会で
教え子の横田さんという方に
思い出をお話しいただきましたが、
初めから終わりまでずっと泣いているんですよ。

定年退職をされた方だから
もう五十年以上も前の思い出ですが、

一時間ちょっとの間、ずーっと泣いている。

その方の感性も素晴らしいけど、
やはり徳永先生の教育がすごかったんでしょう。

●『致知』
http://www.chichi.co.jp/outline.html

————————————————-

いかがでしたでしょうか。

私はこの記事を初めて読ませていただいた際、
涙が止まりませんでした。

忘れられない先生の存在・・・
子供の人生が先生との出会いによって変わる

やはり、子供は正直です。
愛ある先生か否かも敏感にわかります。

私も昔、小学校の教員をしていました。
その際に明確なこだわりを持っていました。

それは、落ちこぼれを絶対に作らないと言うこと。

のみこみが早いか遅いかで「お前はダメな子」と言われてしまう。

そんなバカな話はない・・・
と100点満点とるまでテストをやり続けた日々

放課後に勉強を教え、それでもわからなかったら
毎日家庭訪問をしながら子供たちを教えたあの時

能力には大差はない
のみこみの遅い早いはあれど、根気よく指導すれば
みんなできるようになると確信し、子供たちと接していた日々

今は社会人教育を担当させて頂いておりますが
やはり、大人の教育も子供の教育も同じだと思います。

真剣に体当たりに挑めば必ず期待以上の
反応が返ってきます。

縁ある上司が部下に対しどのような思いで接するかによって
部下の未来も変わります。

人生の中で心に深く残る先生との出会い

恩師や、師匠と呼べる人との出会いは
いったいどれくらいあるだろうか?

まさに今回この徳永先生のように
生徒の心にいついつまで深く刻み込まれた教え

たった一人の恩師とのめぐりあいで
人生は変わるかもしれない

今回は是非、メルマガ読者の皆様にこのお話をお伝えしたくて
ご紹介を決めました。

研修で、このお話を読むたび
自然と涙が溢れ出ます。

掲載してくださった、致知出版様に心から
お礼申し上げます。

「先生、いずこにおられますでしょうか」




Copyright © 2015. All rights reserved.

Posted 2013年5月16日 by smile-communication in category "心に残る言葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です