7月 28

組織が学習し続け、知識を生み続けるための場の条件

コーチの中でも尊敬する皆さんが集うメーリングリストでシェアされたものですが、学習メモとしてここに残します。

野中郁次郎氏という世界的に有名な組織論、組織マネジメントの学者さんが、組織が学習し続け、知識を生み続けるための「場」の条件について以下を挙げています。

・参加者が意図、目的、方向性、使命感を持っている
・参加者のコミットメントが高い
・内部と外部からの2つの視点を同時にもたらす
・参加者が直接体験できる仕掛けがある
・学習の場で物事の本質に関する対話が行われる
・形式知を実践を通じて自己に体化できるしかけがある
・学習の場で異種混合が行われる
・即興的な相互作用が行われる
・参加者が自由に出入りできる

アクションラーニングで体験していることばかりだなと感動してしまいましたが、アクションラーニングでは最後の項目だけは違うかも?
ちょっとこの方の本を読んでみたくなりました。


タグ: , ,

Copyright © 2015. All rights reserved.

Posted 2010年7月28日 by smile-communication in category "学習メモ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です