相手がしっかり聴いてもらって、自分からも感謝を伝えたくなるような人の特徴は、句読点の。(マル)まで意識して聴ける人なんだなあとつくづく感じました。

昨日はコーチを養成している方々の集まりに参加していて、その場をどう作っているのかの話しの時に、参加者の評価もよく、深みもあるという運営ができる人は、「とにかく最後の句読点まで聴くつもりで聴いて、理解が正しいのかを丁寧に確認しています」と仰っていました。

娘が話してくれないからと、ついつい答えを急ぐ私は、聞けてない事が多いとしたら、きっと意識しないと句読点まで聴く事はできないと思いました。

学んだ事は真似しようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です