メンターコーチから頂いた情報です。
忘れたくない大切な事なので、ここに記載しておきます。

コーチが陥る間違い:
クライアントに対して受け身になること

コーチングとは、
相手の話に思慮深く耳を傾けるだけの手法ではありません。

コーチングとは協力的かつ能動的な行為であり、
アイデアや戦略を創造的に、双方向で話し合うのがコーチングです。

指示的でないアプローチを好むコーチもいれば、
指示的なアプローチを好むコーチもいます。

あらゆる手法を駆使するコーチもいます。(最も望ましい方法です。)

クライアントは、コーチの意見、反応、考え、アイデア、
提案、質問、思考、戦略に対価を払っています。

それらすべてを共有すること。それがコーチングです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です