2月 10

「あげる」のかあ

何気に使ってしまう言葉であっても、相手にはきつい言葉に感じる事もあります。

例えば、「教えてあげる」「やってあげる」という「あげる」という言葉。

そんなつもりはないのに、受け取る側が「わざわざしてもらった」「上から下にという感じ」と受け取ってしまうことがあるようです。
また、行動をした側も「自然にした」のではなく「意図があってしている」というような時に発してしまうことも・・・。

そういう私も「あげる」には気づかなかったのだけれど、「せっかく☓☓したのに」と言いたくなる前には、「してあげた」と思っていたような気がします。

それに気づいてからは気にしているので使ってないとは思いますが、何気ない一言が、自分の心の声を代弁してしまっていたり、受け取る側に不快に感じさせてしまうこともあるという事を知った一言でした。

あなたは、無意識に使ってませんか。




Copyright © 2015. All rights reserved.

Posted 2014年2月10日 by smile-communication in category "学習メモ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です