5月 27

長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)の活性化

2013年5月26日にテレビでやっていたので、メモ代わりに。

食事の量と長寿の関係(サルの実験)
・若く見えるサルは、30%のカロリー制限をすることを20年続けた。
 →身体の奥から若返らせる事ができる。
  最低でも7週間以上は、こうした空腹を感じるような食生活を
  続ける事が必要。

睡眠が22時~夜中2時までをコア時間にするなどは伺ったことがあった
のですが、それじゃない部分で、遺伝子を刺激するのですね。
生きようとする遺伝子なのかもしれませんよね。

人の身体って凄い。
食べるの好きな私は・・・・。




Copyright © 2015. All rights reserved.

Posted 2013年5月27日 by smile-communication in category "学習メモ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です