夢を語って、その夢に向かって進んでいると知らない間に周りも応援してくれている。

今もそう思っていますが、今夢に向かって既に進んでいるのであれば、夢って何だろう?ただの通過点のイメージ?それとも私で言うと「世界中の子供達が笑って暮らせますように」という大きな思い?
夢って一言に言っても捉え方っていっぱいあるんですよね。

もし通過点のイメージだとしたら、既に進んでいるのだから、いついつの夢って期限があるのかもしれないし、期限はないけれど、必ず手に出来るものなのかもしれません。

でも、最近思うんです。
「夢」は一人で叶えるものではないなって。周りの人が不幸だったとしたら、それは夢の実現というよりも、エゴの達成なのではないかと。みんながみんな幸せになったり夢を実現できるなんて難しいのかもしれない。けれども、そんな大きな夢を描いています。

一人だけの力では夢は実現できないと実感しているからこそ、一人だけ幸せになる夢は本当の夢なのだろうか。
ちょっと語ってみたくなったので、メモをしておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です