女性管理職の事を言うそうです。

今まで職場で、管理職コースを評価を高めにされ歩む男性を「下駄を履かせる」と言っていたのを、女性が男女雇用機会均等法にのり、急に管理職として抜擢されるような時に使うようです。

女性は女性で大変な思いをしていると私は感じています。にも関わらず、こうした言い回しをされるのはどのようなものか。敢えて「ガラス」って。

まあ、いつ壊れてしまうか解らないという事なのかもしれませんが、きっと先陣をきっている女性管理職は、そのあたりは大丈夫そうな方々が抜擢されていると思うのですが。

いづれにしても、言葉の選び方からも、まだまだ女性リーダーに対する風当たりは強いのかなと感じました。
そもそも男性女性ではなく、リーダーとしてふさわしいのか適性などを見極めて選ぶことが一番だと感じるのは私だけでしょうか。

厚労省「賃金構造基本統計調査」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です