3月 15

楽しいから笑うのではない

「楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいんだよ」
脳科学から実証された事実。感情から笑顔になるのではなく、笑顔になる筋肉が動いて楽しいと意識できる。というのだそうです。実際に無意識で笑っていることを意識することで感情って感じるのかなとも思うけれど、だったら楽しまなくても、笑えば前向きになれるんだよね。

以前、あるセミナー(ジェームススキナーさんだったかなあ?)で泣きながらスキップしてごらん、と言っているのを聞きました。無理無理という状態でした。
スキップをどんな時にするのか?泣く事をどんな時にするのか?って考えると矛盾があるから無理なんだろうね。意識がどっちが本当?ってなっちゃうものね。

だったら、スキップしたら楽しくなくても、スキップしているうちに楽しくなるんじゃないかな。笑顔になっているうちに楽しくなるんじゃないかな。

今、楽しいという言葉が不適切な時期だとしたら、「前向き」にはなれるんじゃないかな。
世界から、日本は誰かを攻めるわけでもなく、冷静に対応し、励ましあい、人のことを考えてあげられると絶賛されているのを知っていますか。(2011年9月14日中日新聞の「世界の報道」に関する記事より)

既に日本の「他人を思いやる心」が素晴らしいといわれている私達。しかし、それだけに暗い気持ちに一緒になってしまうこともあります。
でも、神戸の震災、新潟での震災も復興してきています。それだけの力が私達にはあります。その力を信じて、今も笑顔というよりも「相手を思いやる優しい表情」で、「前向き」に進みましょうよ。

震災の渦中に居る人達もがんばっているんですもの。それ以外の地域の私達ができることを一つでもしていきましょうよ。ふとそんな事を思いました。

今私に出来る事の追加
・がんばっている人達にありがとうの感謝を心から伝え続けること
・一人でも多くの人達にほっとしたり、がんばろうって思えるために、微笑み続けること


タグ:

Copyright © 2015. All rights reserved.

Posted 2011年3月15日 by smile-communication in category "一言

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です