12月 8

教科書の見直し

学校教育などで見直しがされる教科書。その都度見直していく必要があるのか?なんて思っていた時期もあったけれど、大切な事なんだなと思えるようになりました。

歴史でも科学が発達することで見えてくるものは変わってきたり、貿易が絡むものも変化します。グローバル化することで、表記が変化することも。そうなると事実自体が変化する場合もあれば、解釈が変化するものもあるのでしょうね。

ふとこんな事を思ったわけではなく、最近、コーチング業界でも同じような事が起こっているからです。独立を希望する人達が多かった導入期から、職場内でコーチングを活用するために、コーチングを学びたいという人が増えると、当然焦点も変化してきます。

ビジネス現場もどんどん変化いくと内容も変化をしていきます。

ただし、忘れてはならない揺るがない部分もあるはずです。その事を見極めながら、常に教える側も変化していかなければならないという事を、教える人達のトレーニングを行ったときに感じ取りました。

人は常に変化するのですから、その事に合わせて、教科書の見直しも必要なことなのですね。




Copyright © 2015. All rights reserved.

Posted 2010年12月8日 by smile-communication in category "一言

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です