11月 7

鍛え方もそれぞれ

体を鍛えようと思って始めてみたら、鍛え方もそれぞれだなと感じたことがありました。

私は、結構凝り性なので、ちょっとだけやるって事ができなくて、結構続けられるようなことを見つけるまでに時間がかかり、その後はずっと続けていくタイプです。目標があるとしたら、「こうなっていくかな」という映像としてのイメージです。だからすごく長いスパンで考えています。
が、娘は楽しくないとしません。もっと言えば、数字で表せて、すごく短期の目標(ゴール)がないとやりません。

今日、久しぶりに運動を始めました。ずっと続けられる運動を探していたのですが、やっと見つかったのです。今日はたった20分ではありましたが、たった20分なのに筋肉痛。ハードでもなければ、複雑でもないし、全身運動でもないはずなのに、なぜか体が痛い・・・。
でも、この痛みが「うん、効いてる」って思えて心地がよい。徐々に時間は伸ばしていきたいんだけれど、最初から無理をすると続かなくなるので、今日はまずは心地良いなという時点で止めてみました。

すると、娘が「何のためにやってるのか」「楽しいのか」と聴いてきます。「健康のため」というと、マネを始めるのですが、単純だからつまらないらしい。

たった親子の違いだけでも、こんなに違うんだから、他人なら違うの当たり前だよなと、ふと考えました。
しかも、体だけじゃなく、知識にしたって、習慣にしたって、鍛え方はそれぞれなんですよね。

分かっていたつもりだけれど、ちょっと運動をしたことで改めて感じたので、思うまま書いてみました。




Copyright © 2015. All rights reserved.

Posted 2010年11月7日 by smile-communication in category "一言

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です